本文へスキップ

横浜市LPガス災害対策事業協同組合は災害時にLPガスの供給を確保するためのLPガス小売事業者の団体です。

確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

横浜市LPガス災害対策事業協同組合は災害時にLPガスの供給を確保するためのLPガス小売事業者の団体です。
災害時、横浜市民のライフラインの一つであるLPガスが使えるよう仕組みを確立します。

組合設立目的

  災害時に頼りになるLPガス
   
   大災害、特に地震災害では、ライフラインが崩壊しかねません。
   LPガスは、ラインのないライフラインです。

  LPガスのラインは、地域連携
   
   いざと言う時、地域の事業者が連携して復旧、供給に当たります。

  だから協同組合が出来ました。  
   
   詳しくは設立趣意書へ (89KB)

NEWS新着情報

       
2018年05月24日
第6回通常総会開催しました。
2017年05月25日
第5回通常総会開催しました。        
2016年05月26日
第4回通常総会開催しました。
2015年05月28日
第3回通常総会開催しました。
2014年05月27日
第2回通常総会開催しました。
2014年03月03日
横浜市立中学校防災施設60校にLPガスを供給開始しました。
2013年10月25日
サイトをオープンしました。
2013年05月22日
第1回通常総会開催しました。
2012年12月25日
横浜市LPガス災害対策事業協同組合を設立しました。

バナースペース

横浜市LPガス災害対策事業協同組合

〒245-0009
神奈川県横浜市泉区新橋町1330番地の1

TEL 045-812-2772
FAX 045-812-0417